ピットブル しつけ

 今は猫を飼っている(友人には猫に奉仕していると言われます)私ですが、昔は

犬も飼っていました。あの当時のことですから非常に大雑把な飼い方でした。夏にノミ

が発生すると、庭でたらいに水を張って洗っていました。水を浴びるのは大好きな犬だ

ったのですが、洗われるのは嫌いだったらしく、泡だらけのままたらいから飛び出しました。

洗っていたので綱は外していました。そのまま、ご近所の布団が干してある庭へ飛び込

んでいった時の恐怖は忘れません。

 布団でしたら平謝りと布団のクリーニング代か新品ですむかもしれませんが、他の犬

をかみ殺して飼い主さんに怪我を負わせたら洒落になりません。


 繋がれていないピットブルがそのような事件を起こしたそうです。

 猫でさえ室内飼育が推奨されている(猫のための側面が強調されていますが)今日この

頃、闘犬として品種改良された犬種を敷地内とはいえ放し飼いするのは、非常識以前の

問題でしょう。


 調べてみると、飼い主には忠実な犬種らしく、外見もキリッとしていかにもたくましそ

うです。然るべき状態で飼われてしつけがされていれば、飼い主さんに忠実でかっこいい

犬になると思われて、私もちょっと憧れてしまいます。

 ですので、余計に、この事件が痛ましく思われます。いくらきちんとしつけていても、

絶対に他の犬や人に噛みつかない保証はありません。犬のためにも、注意が必要な犬を

飼う場合は注意を怠らずにいてほしい、と思います。


 泡だらけで走り回った私の犬ですが、その後子犬を産み、全員もらわれていき

ました。うち一匹に会う機会があったので、久しぶりー大きくなったね!と近寄ってい

ったらがっつり噛まれました(しっかり繋がれていました)。たいしたことはなかった

のですが。帰宅して親に言ったら「そら、いきなりよその犬に近づいたら噛まれるわ」と

言われました。以上、こともなしでした。


1括~24分割 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材