三國志 新解釈

 おや結構面白かったようで。見れば良かった。

何だかんだで、三國志は日本では基礎教養になっていますよね。

知り合いの若い人も、アレでソレでナニなコミックから入って、

詳しくなったようですし。

 古典の知識、日常生活で必要ありませんけど、実は大事だと

思っています。「平成天皇」とか言った日にはその瞬間無教養者の

烙印押されますし。

 何より、古典や歴史を知ることは備えと武器になります。

お上が本気出したら、一発で吹き飛びますけどね。

 なにより、楽しいですよ、古典。

直木賞 東京創元社

 くらりちゃんおめでとう!個人的には『同士少女よ……』にとって

もらいたかったですけど、これはこれでよきかな。今頃炊飯器

ちゃんがお赤飯炊いてるのかな。

 分からない方にはさっぱり分からない話ですみません。

賞をとるのはもちろんおめでたいですけれど、生涯賞など

取らなくとも多くの後進に影響を与えて、「こういうすごい作家

がいたんだよ」と語り継がれる方もいらっしゃいます。

そういう作家の作品こそ、へたすれば一瞬で消える電子ではなく

紙で、まともな司書さんのいる図書館に残って欲しいとしみじみ

思います。

噴火 津波

 どうなるかわからん、というのが一番正解に近いそうで。

これで火山灰が漂ってある程度日光が遮られて温度が下がるなら

温暖化を多少なりともふせげるんじゃあ、というのは素人考えですね

どうみても。

 大規模な噴火が世界規模で不作や飢餓を起こして、それが社会不安に

繋がって歴史のターニングポイントになるというのはちょくちょく

あったみたいですね。

 さて、今回どうなりますか。もとから豊かな地域が多少揺らぐのは

わかりますが、混乱している地域がさらに混乱することがありませんように。

顕著な大雪 東北地方

私のいるところはあまり雪が降らない代わりに台風と地震があるのですが。

東北日本海側の皆様どうぞお気をつけ下さいませ。

 趣味の故に他の地方の方々と話すことも多いのです。本当に、ことばから

風習から「常識」から違うのですね。

 「雨戸って必要?」「屋根の傾斜角度って、雪が落ちるとかそれ何」

とか。

 故にたまーに雪が降ったり台風が来たりするとおたがいあんぎゃーなことに

なりますが。

 今回も「まあ、他の地方の人は怯えるだろうけどうちらには日常だし」

で済むといいのですが。

 すでにうっとこで「何よこの寒さ」です。

ミステリという勿れ 田村由美

 ちょっとした個人的経験から、コミックの実写ドラマ化には

一切期待しないことにしているんですが。

 わりと評判良かったみたいですね。よきかなよきかな。

私はあまりTVは見ない方なんですが、ことに最近、うーん、

バラエティは「何かよく知らない人達がしているパーティーゲーム」

見ている気分にさせられて。それじゃあ動画サイトや映画配信見ている

のがいいや、となっています。

世代的にはテレビっ子なんですが。昨今なんのかのと難しいのは分かりますが、

「知らない世界」を見せてくれたテレビに戻って欲しいです。はい。